洋服を捨てる前に!断捨離で要らない服をお得に処分する方法

引っ越しや季節の変わり目に避けられないのが洋服の整理。クローゼットの奥に眠っていた服を一気に捨ててしまおうと思ったとき、どうしてますか?気に入って買ったのに、着てみると似合わなかった服って、潔く捨てられないものですよね。

洋服をただのゴミにしてしまうのは気が引けるなぁという人は、洋服買い取りサービスを利用するのがおすすめです。洋服の整理ができなくて断捨離ができないって人でも、イッキに洋服が片付くのでおすすめです。




断捨離することで得られる効果

私は貧乏性なので、クローゼットに着ない洋服をしまっておくタイプ。最近では流行のデザインの服はファストファッションなどで安く購入するようになったので、ますます服が増えるばかりです。

きちんと整理されていないクローゼットでは、本当に着たい服がなかなか見つからないこともあり、結局その洋服の存在すら忘れてしまうこともあったので、断捨離を決意しました。

断捨離をすることで得られる効果はたくさんあると思いますが、主に、洋服に焦点を合わせた場合の効果をまとめてみました。

 

必要な服がすぐ見つかる

制服がない仕事をしていると、どうしても通勤用の服が必要になります。オフィスカジュアルはあくまで通勤用なので、休みの日用の洋服はまた別にありますよね。クローゼットが整理されていないと、せっかくの休みの日に着たい服が見つからないことがあります。

要らない洋服を処分することで、シチュエーションに合わせた洋服ごとに分けて整理することができるようになるので、必要な服を見つけやすくなります。

 

無駄遣いが減る

新しい服を買っても、自分の好みの色やデザインってあるので、気がついたら似たような洋服ばかりになってしまっていることってありませんか?同じようなデザインの服って、自分では区別がついても他人から見れば同じ洋服なんです。

断捨離をすることによって、自分の持っている服の色やデザインを把握できるようになるので、無駄にものを買わなくなります。

 

気持ちが前向きになる

洋服に限ったことではありませんが、断捨離によって必要な物、好きな物だけを厳選するので、本当に必要なものがはっきりとし、気持ちが前向きになるといわれています。

 

 

処分する洋服の決め方

壊れた電化製品とは違い、捨てようと決意してもなかなか捨てられないのが、まだ着れる洋服です。けど、断捨離をする!と決意したからには、必要最低限の洋服以外は処分しましょう。私のような「もったいない症候群」の方は、今すぐ処分できる洋服リストを参考にしてみてください。

今すぐ処分できる洋服リスト

流行りが過ぎ去った服
1シーズンで1回も着なかった服
似合わない服
痩せたら着ようと思っている服

 

流行りが過ぎ去った服

流行遅れの服はすぐ処分できそうですが、特に気に入った洋服だと、また次の流行がきたら着ようと思って処分できないこともありますが、次の流行がいつ訪れるかわからないし、その時に今の体形を維持しているとは限りません。

 

1シーズンで1回も着なかった服

1シーズン着なかった服は、次のシーズンも着ない可能性が高いです。ましてや存在すら忘れていた服は処分したあとも、その服の存在はすぐ忘れてしまうので安心して処分しましょう。

 

似合わない服

気に入って買ったのに、着てみると似合わなかった服は処分するのをためらいますが、いくら待ってもその服が似合うようになることはありません。

 

痩せたら着ようと思っている服

痩せたら着ようと思っていた服。これがいちばん不要な服です。仮に本当に痩せたとしても、美しくなって自信が持てる体形になると、着たい洋服の好みも変わってしまうので新しい洋服をきっと買うはずです。

 

 

洋服は、捨てるのではなくリサイクル

服をただのゴミにしてしまうのはもったいない。という考え方も断捨離ができない要因のひとつです。そんな人は、洋服買い取りサービスやフリマアプリを利用するのがおすすめです。

 

捨てようと思った洋服は、セカンドストリートへ

処分する洋服はただ捨てるのではなく洋服買い取りサービスへ持って行くことをおすすめします。

特に、全国展開してるリサイクルショップ「セカンドストリート」がおすすめです。多くのリサイクルショップでは、ノーブランドの服はリサイクルという形で買い取り額が0円になりますが、セカンドストリートではノーブランドの服でも買い取ってくれます

部屋着にしていたヨレヨレのTシャツでも「エコ衣料」として、1円で買い取ってくれるので、捨てるよりは全然いい。運がよければ、なんの価値もないと思っていた服が250円とかで買い取ってもらえることもあります。

 

ただ、予想以上に「エコ衣料」として扱われる服が多く、買い取り金額が安いこともあります。洋服買い取りサービス利用時の注意点としては、処分したかった服の買い取り価格に過度な期待はしてはいけないってことです。本当に処分したい服だけを持ち込みましょう。

 

実際にノーブランドの服を大量に持って行ったら

今回、実家の片づけをして出てきた、学生の頃の洋服や母の洋服など、こんな服を持ち込んで恥をかくくらいならマジで捨てた方がいいって思うほどの服を、100点ほど持ち込みました。

洋服を買い取りしてもらうために身分証明書が必要なので、忘れずに持って行ってください。

店舗の混雑状況にもよりますが、査定時間は15分ほどで完了。店の外で待つ場合は携帯電話に連絡をくれます。

さすが、セカンドストリートさん。「こんなの誰が着るんだよ」って感じの母の洋服まで1着残らず買い取ってくれました。捨てようと思ってポリ袋に入れていた洋服でも、ランチ代くらいにはなったので得した気分です。

もちろん買い取り強化ブランドが含まれていたら、その分買い取り価格は高額になります。

 

私はいつも持ち込みをして査定してもらいますが、セカンドストリートでは1点からでも送料無料で、WEB買い取りサービスも行っているので、断捨離をされる方は参考にしてみてください。

>>セカンドストリートWEB買取サービス

 

 

人気ブランドならフリマアプリを利用する

洋服買い取りサービスに持って行った場合、強化対象ブランドに入っていないと、価値のある洋服でも安く見積もられてしまうので、人気ブランドの服は「メルカリ」などのフリマアプリやオークションサイトなどを利用すると、自分が思っていたよりも高額で売れることがあります。

洋服買い取りサービスより手間がかかりますが、強化対象ブランドではない、状態がいい人気ブランド服は、フリマアプリやオークションサイトに出品するという選択肢もありだと思います。

>>スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリ「メルカリ」はこちら


 

 

おわりに

断捨離で洋服を整理すると、自然と気持ちまですっきりして、心地よい暮らしをもたらします。捨てるという行為そのものに躊躇してしまう方は、洋服買い取りサービスやフリマアプリを活用して、要らなくなった洋服も上手にリサイクルしましょう。