ホットヨガで腰痛改善!? 坐骨神経痛が治った嘘のような本当の話

腰痛にもヘルニアやぎっくり腰などいろんな種類があって、人によって痛み具合と症状は様々です。そしていちど腰痛になると、一生腰痛と向き合っていかなければなりません。そんな腰痛とうまくつきあっていく方法のひとつに「ヨガ」があります。

正直言うと、私はヨガが好きではありませんでした。元々柔軟な体ではないためヨガをしてもあまり充実感がなく、継続できなかったんです。しかし、坐骨神経痛との約2年の闘いののち、「ホットヨガ」が私の腰痛ライフを変えてくれました。坐骨神経痛だけでなく腰痛で悩んでいる方も必見です!




坐骨神経痛の原因と痛みとの闘い

坐骨神経とは腰から足先にかけて伸びています。そのため坐骨神経が圧迫されると腰から足先まで「ビビッ!」と電気が走るような痛みを感じます。坐骨神経痛の原因は人それぞれですが、私の場合は椎間板ヘルニアが原因でした。

以前から椎間板ヘルニアと診断されていましたが、日常生活に支障が出るのは年に1、2度だったため、「姿勢を良くする」くらいの対策しかしていませんでした。

ある日突然、腰から左足まで痛みが…

坐骨神経痛を発症した時は、いつもの腰痛とは明らかに違う痛みでしたがまさか、坐骨神経痛だとは思わず、そのうち治るだろうと軽く考えていました。痛みは日々増していく一方で、立ってても、座ってても痛みがあって、発症から2か月後には走ることが困難な状態になってしまいました。

 

坐骨神経痛の症状

・腰から足先にかけて動くたびに鋭い痛みがある。
・長時間座っていられない。
・腰に力が入らないので、重い物がもてない。
・前屈したときにびっくるするほど体が硬い。

 

まずは、整形外科へ

上記のような症状であれば坐骨神経痛の可能性が高いです。長時間座っていられないというと仕事にも支障がでますよね?坐骨神経痛は放置しても緩和されないので、整形外科へ通院することをおすすめします。

鎮痛剤が処方されると思いますので、当面は薬で痛みを抑えることができます。坐骨神経痛の痛みを薬で抑えることはわるいことではありません。
神経痛なので薬を飲めばびっくりするほど痛みがなくなりますよ。

 

鎮痛剤を飲むのは必要最低限にしましょう

病院の先生にも言われると思いますが鎮痛剤は痛みを治してくれるものではありません。鎮痛剤に頼ってしまうことに慣れてしまうと、痛み止めなしでは生活できなくなります。気をつけてください。

 

痛みがひどい間は整形外科のリハビリに通うこと

鎮痛剤で痛みがなくなる快楽を覚えると、ついついリハビリがさぼりがちになりまが、根気よく続けていれば痛みは緩和されてきます。最低限、鎮痛剤を飲まなくてもいい状態になるまでは通院を続けましょう。




 

腰痛が悪化した根本的な原因

坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニア。それはわかったんですが、根本的な原因に思い当たる事がありました。それは急激な筋肉の衰えです。

 

腰痛から守ってくれていたのは筋肉だった

痛みが出る前はけっこうハードな肉体労働で筋肉モリモリだったんです。もちろん腰の痛みなんて感じませんでした。実は、あのつらかった肉体労働が痛みから私を守っていてくれていたんです。

そんなことには気づかずに、その頃ちょうど魔術が有名な島で治療をしてもらったので、もしかして「黒魔術が効いてる!?」と思ってたくらいです。

黒魔術について興味がある方はこちら。
>>豊かな自然と黒魔術の島、シキホールの魅力

 

 

どんなに鍛えても筋肉は6か月で完全消滅する

体質や筋トレをしていた期間にもよりますが、鍛えた筋肉は放置すると衰えていきます。痛みが出始めたのが肉体労働を辞めて3か月目くらいでした。痛みが出てからでは筋トレはできないので、そうなる前に腰痛から守ってくれる筋肉を衰えされない対策が必要です。

私は肉体労働をしていたため、痛みの原因が筋肉量の低下であったことに気がつきましたが、肉体労働をしていなくても筋肉は加齢によって衰えます。

そうならないために、筋肉を衰えさせないことが最も重要です。

 

 

ホットヨガで体幹を鍛えて腹筋と背筋を維持

私も腰痛とは10年以上つきあってるので、腹筋と背筋の維持が大事なのは知っていました。だけど、怠け者なので痛みがないと何もしません。
家で腹筋をしたり、ジョギングしたり、ジムに通ったり、色々試したけど飽きっぽいので続かないんです。けど、ホットヨガは飽きっぽい私が人生で初めて継続してる習い事なんです。

ヨガは集中力を高めて体幹を鍛えるスポーツです。ヨガの効果は本当にたくさんありますが、体幹が鍛えられると代謝が上がったり、疲れにくい体になったりします。




 

飽きっぽい人でもホットヨガを続けやすい理由

 

ホットヨガに行くときの荷物が少ない

荷物が少ないと会社帰りにも通いやすいですよね?ホットヨガは室内履きは不要だし、私の通っているLAVAはヨガマットのレンタル無料なので持参する必要がありません。準備するものが少ないだけでかなりモチベーションが上がります。

 

ホットヨガはつらくない

筋トレやジョギングとは違い、ホットヨガはリラックス目的でレッスンに通っている人も多いです。それに、周りの人たちがみんなヨガマスターだとちょっと参加しずらいですよね?実際のレッスンは初心者から上級者まで色んな人がいて、レッスン強度も自由に選べるので自分のペースで続けることができます。

 

ダイエット効果もある

ホットヨガは大量の汗をかくのでデトックス効果があります。実際ダイエット目的で通ってる人が多いです。私の場合は腰痛緩和が目的でしたが、何も努力しなくても6か月で-3Kgです。食事制限も追加すればもっと痩せられると思います。ちなみに体重の増加も腰痛の原因のひとつですよ。体幹を鍛えると太りにくくなるんです!

 

 

腰痛持ちがヨガで意識したほうがいいこと

 

腹式呼吸

ヨガの基本ですが、初心者は慣れるまではポーズをとることに夢中で、呼吸に意識を向けるのをけっこう忘れがちになります。腹式呼吸は腹筋を鍛えるには重要なパートなので早めにマスターしましょう。慣れてくると日常生活でも腹式呼吸を意識するようになって腹筋が鍛えられるようになります。

 

お尻の穴をしめる

ヒップアップに効果的と言われていますが、実はお尻の筋肉を鍛えることで姿勢が良くなります。お尻の筋肉がないために前かがみの姿勢になっている人も多いはず。お尻の穴を引き締めると自然を背筋が伸びるんです。

 

無理なポーズは潔くあきらめる

レッスンに参加してると正しいポーズをとることを優先させてしまいがちですが、絶対やらなくてはいけないわけではないんです。人によってつらい態勢は様々ですが、腰痛持ちに負荷がかかるポーズもあるので痛みを感じたら無理せず「チャイルドポーズ」というお休みのポーズをしましょう。

 

 

ホットヨガに通うなら「LAVA」がおすすめ

私がLAVAに通う理由はヨガ業界でも圧倒的な店舗数だからです。そして、ほとんどの店舗が駅前にあるので仕事帰りにも無理なく通うことができます。スタジオもレッスン毎に綺麗にしてくれるので、早めにスタジオに入ってリラックスすることができます。

何よりインストラクターが明るくてフレンドリー。長く通ってると名前も覚えてくれて、いつも気さくに話しかけてくれます。そこも長くつづけられる理由なんじゃないかなと思います。

 

もう二度と坐骨神経痛による苦痛を味わうまい。という気持ちと、本当にヨガで腰痛が緩和されるのかなぁ。という気持ち。半信半疑でLAVAに通い始めましたが、いつの間にか腰に痛みがなくなっていたんです。そしてヨガをしないと逆に疲れを感じるので、今では無理なく通うことができています。

 

定期的にキャンペーンをやっていて最初の2か月は無料だったりするので、続くかわからないって人もお試しで通いやすいです。体験レッスンもやっているので興味があれば参加してみてください。



 

あわせてよく読まれています!

生理中もアクティブに過ごしたい人におすすめ!
>>話題の月経カップが快適すぎてヤバい! 旅行でも大活躍の新しい生理用品

南国リゾートバリ島でもヨガしませんか?
>>ウブドにある人気ヨガスタジオまとめ