予算7万円!1週間で巡る 東南アジア周遊の旅 おすすめルート

東南アジアのタイ、マレーシア、カンボジア、ベトナムなどは物価も安く、日本からもLCC(格安航空会社)を利用すれば格安で旅行ができる国々です。東南アジア周遊となると陸移動が伴うので「バックパッカーの登竜門」とも言われていましたが、それもひと昔前の話。現在は移動やホテルなどの予約がインターネット上で可能なため、世界中の旅行者達が気軽に東南アジア周遊の旅を楽しむようになりました。

残念ながら欧米諸国のように長期休暇が取れないないのが日本社会の現状なんですが、ここでは1週間以内で2か国以上周遊できる東南アジアおすすめルートを紹介します。

 




 

マレー鉄道とタイ国鉄満喫の旅

【周遊国】
マレーシア、タイ

【行程】

クアラルンプール国際空港

KL セントラル(KL Sentral)
↓ マレー高速鉄道(ETS) 約4時間
バタワース(Butterworth)
↓ マレー鉄道(KTMB) 約2時間
パダンバサール(Padang Besar)
↓ KTMコミューター鉄道(KTM Komuter) 約50分 
ハジャイ(Haadyai)
↓ 寝台列車 約13時間
フアランポーン(Hua Lamphong)

バンコク スワンナプーム国際空港orドンムアン国際空港

 

鉄道好き必見のマレー鉄道とタイ国鉄を乗り継ぐルート。鉄道ファンが多い日本人には人気のルートです。以前はマレーシアーバンコク間は国際寝台列車が走っていてたんですが、マレー鉄道電化に伴いバタワース ー バンコク間の寝台列車は廃止になりました

そのため、バタワースから鉄道移動の場合はパダンバサール(Padang Besar)で出入国手続きをし、KTMコミューター鉄道でハジャイまで行き、タイ国鉄に乗り換える必要があります。

 

往復ともに夜行便を利用すれば、往路機内泊、ペナン島(バタワース)で1泊、寝台列車で1泊、復路機内泊。最短4泊5日の2か国周遊可能です。旅程に余裕があればペナン島で連泊したり、バンコク宿泊を追加するといいかもしれません。

 

マレー鉄道縦断の旅は人気なので、チケットが買えない場合もあるのでオンラインでの事前予約が便利です。

>>マレー鉄道オンライン予約サイト(英語)

>>タイ国鉄オンライン予約サイト(英語)

 

タイ国鉄に興味がある方はこちらの記事も参考にしてください!
>>タイの避暑地 ホアヒン(フアヒン)はバンコクから150円で行けるビーチリゾート

 

 

世界遺産ペナン島とピピ島の旅

【周遊国】
マレーシア、タイ

【行程】

クアラルンプール国際空港

KL セントラル(KL Sentral)
↓ マレー高速鉄道(ETS) 約4時間
バタワース(Butterworth)
↓ ミニバス 約7時間
クラビ(アオナンビーチ)(Krabi Ao Nang Beach)
↓ ミニバス&フェリー 約3時間 
ピピドン島(Koh phi phi Don)
↓ フェリー 約2時間
プーケット(Phuket)

プーケット国際空港

 

南国に行くならやっぱりビーチリゾート!マレーシアではマレー高速鉄道で楽々移動。世界遺産ペナン島とパーティアイランドピピ島を巡るアクティブなルートです。タイ国内の飛行機は3000円くらいで購入できるので、バンコク乗り換えでプーケットから帰国すれば移動時間を短縮できます。有名な観光地を巡りながら、なるべく安く旅をしたい人にはおすすめのルート。

 

映画「ザ・ビーチ」で有名、バックパッカーの聖地ピピ島についてはこちら。
>>タイの楽園 ピピ島はパーティアイランド!?

 

ペナン島とピピ島も有名な観光地なのでミニバスやフェリーの事前予約が可能です。経路検索や予約は12 Go Asiaが便利です。

Powered by 12Go Asia system

 

 

アンコールワットと東南アジア3大都市を巡る旅

【周遊国】
タイ、カンボジア、ベトナム

【行程】

バンコク スワンナプーム国際空港orドンムアン国際空港

バンコク(Bangkok)
↓  バス  約8時間  
シェムリアップ(Siem Reap)
↓  バス 約7時間 
プノンペン(Phnom Penh)
↓  バス 約7時間
ホーチミン(Ho Chi Minh)

ホーチミン · タンソンニャット国際空港

 

バンコク、カンボジア、アンコールワットがあるシェムリアップ、ホーチミンから帰国するルートです。長距離バス移動なので体力がある人向きです。カンボジアではバスの座席が完全フルフラットのベッドになっている夜行バス「スリーピングバス」の利用がおすすめです。夜間移動のため移動時間も宿泊費も節約できます。

アンコールワットがあるカンボジアについて詳しく知りたい方はこちら。
>>遺跡パラダイスカンボジア 旅行前に知っておきたい10の事

 

 

タイ、カンボジア、ベトナム間も12 Go Asiaのカバーエリアなので全行程の経路検索や事前予約が可能です。

ちなみにスリーピングバスは「シングル」と「ダブル」があり、場合によっては赤の他人とダブルベッドをシェアする状況になる可能性もあります。予約時にしっかり確認すればシングルベッドを確保できるので、特にひとり旅の方はシングルベッドかどうかを聞くことを忘れずに。

 

日程に余裕があればタイ東部のサメット島やチャン島を経由してカンボジアに行く事も可能です。

 




 

予算内に収めるためには

・航空券往復4万円台でみつける
・ホテルを個人で手配する

 

がポイントです。

東南アジアの国内での移動費は驚くほど安いので、どのルートでも1万円でおつりがきます。もちろん、宿の相場も安いので、バックパッカー御用達のドミトリー(相部屋)じゃなくても2000円以下で個室が見つかります。東南アジアでは、移動もホテル予約も個人手配の旅が断然お得です。

 

【概算】

・往復航空券  4万円
・移動費    1万円
・宿泊費    1万円
・食費、お土産 1万円

合計    7万円

 

格安航空券見つけ方

東南アジアの個人手配での予算は、いかに航空券を安く手に入れるかによって決まります。航空券次第では予算7万円でもおつりがくると思います。

>>格安航空券のセールでお得旅 LCC国別情報まとめ

 

クアラルンプールやバンコクはエアアジアやスクートなどのLCCのセール期間以外でも日程によっては片道1万円台でエアチケットが購入できます。セール価格で購入できるのがいちばんベストですが、セール期間以外でもお得なチケットがみつかるときもあるので、こまめにチェックすることが大事です。

>>スカイスキャナーの航空券比較

 

 

事前のホテル予約でお得に宿泊

OldTown, Phuket

ホテルがセットになったパッケージプランでの旅行もありますが、安いプランを選択すると結局ホテルランクが下がって微妙だったなぁって経験ありませんか?

東南アジアのホテル相場は予想以上に安いです。個人手配で予約すると自分に好みのホテルに宿泊できるし、ホテル予約サイトは口コミで評判が決まるのでなによりも信用できます。

>>タイ・バンコクの宿泊施設一覧

>>マレーシア・クアラウンプールの宿泊施設一覧

 

私はいつもBooking.comというホテル予約サイトを利用しています。セール開催中や直前割引などで格安で宿泊できるホテルもあるのでチェックしてみてください。

Booking.comについて詳しくはこちら。
>>ホテル予約サイトBooking.comをお得に利用する方法

 



Booking.com

 

タイ、カンボジア、ベトナムは東南アジア諸国でも見どころ満載の国々です。どの国も観光大国なのでなにも困ることなく旅が楽しめるので、実際行ってみると「個人手配の海外旅行って意外と簡単だなぁ」って思うはず。まとまったお休み取れた際には是非、東南アジア周遊の旅にでかけてみてください。

 

あわせてよく読まれています!

搭乗前に確認したい!
>>LCCで快適な旅を あると便利な機内持ち込み物と注意点

ぼったくりを回避するコツを大公開してます!
>>海外旅行でぼったくり被害にあわないようにする交渉術

あの人気旅行雑誌をスマホで持ち歩く!
>>ガイドブック「るるぶ」がスマホでオフラインでも読める!ブック放題