【セブ島観光】セブ島で有名な「囚人ダンス」が公開休止中!?

セブ島でひそかに人気の観光名所をなりつつあった「囚人ダンス(Dancing Inmates)」。刑務所内で受刑者のダンスが見れるということで有名になり、地元の人だけではなく多くの観光客が訪れていましたが、現在は公開を休止しているようです。

 

囚人ダンスとは?

 

セブでは囚人たちの更生プログラムの一環としてこのダンスを取り入れていて、囚人ダンスは毎月最終土曜日に一般公開されていました。

受刑者の多くは明るくノリノリで踊っています。かなりの数の受刑者の大行進、複雑なフォーメーションを移動してみせるパフォーマンス、そしてダンスクオリティの高さは圧巻です。

 

刑務所で受刑者が躍る様子が見られる、しかも無料で!ということもあり、地元の人だけではなく、多くの観光客から人気が高まっていた2017年1月に突如、休止になったようです。

Warden: No monthly dances by inmates
After entertaining local and foreign audiences alike for years, Cebu’s famed dancing inmates will no longer be doing monthly performances for now. Acting War...

 

廃止ではなく休止ということなので、いつか再開されるかも…???

 

 

再開した時のために!セブ刑務所 (CPDRC)へのアクセス

正式名称はセブ・プロビンシャル・ディテンション・アンド・リハビリテーション・センター(Cebu Provincial Detention and Rehabilitation Center (CPDRC))といいます。

キャピトル(州政府庁舎)までジプニーで行き、そこからバイクタクシーで行けます。50ペソ(約100円)で交渉可能かと思います。

 

囚人ダンス再開については現在のところ未定です。詳しくは刑務所を管轄している行政機関「セブキャピトル」に問い合わせするしか方法がないようです。囚人ダンスは世界的にも珍しく、見るものを惹きつける魅力があったので、再開されたらまた訪れたいセブ島の珍スポットですね。

 

フィリピン レート 1円=0,5ペソ

 

 

あわせてよく読まれています!

フィリピンのローカル感を楽しむコツを紹介!

【セブ島格安旅】 セブ島観光で旅費を抑える裏技
南国のリゾート地として人気のセブ島。フィリピンは日本に比べると物価が安い国ですが、価格が観光地設定されているところも多いです。せっかく格安航空券で旅費を抑えたのに現地で予算よりも多めにお金を使ってしまった!なんてこともあります。

フィリピン留学って実際とうなの!?

英語が話せるようになる? 2か月間のフィリピン留学の効果
英語が話せるようになりたい!と思ったときの選択肢ひとつがフィリピン留学です。欧米留学と比較して格安で、マンツーマンレッスンが多いというのがフィリピン留学のメリットですが、「本当に英語が話せるようになるのか?」という疑問があると思います。

海外のATMでも引き出しができる!

お金の管理をシンプルに!海外旅行や留学ではトラベルプリペイドカードが超便利
海外で大金を持ち歩くのは危険だという人もいるし、クレジットカードやデビットカードは盗難やスキミング被害に合った時の損害が大きいです。自分でお金をチャージするトラベルプリペイドカードがあれば面倒な空港での両替が不要になるし、万が一のときも被害を最小限に抑えることができます。