東南アジア旅行で欠かせないタクシー配車アプリ「Grab」 の登録方法と使い方 ~プノンペン国際空港から市内へGrab利用での移動~

乗車前の価格交渉が不要で、アプリでの操作だけで目的地まで行くことができる便利なタクシー配車アプリ。世界的には「Uber」が有名ですが、東南アジアから撤退し、事業を「Grab」に売却したので、東南アジア(カンボジア、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)で使えるタクシー配車アプリは現在「Grab」のみとなります。

 

「Grab」を使うには事前にアプリをインストールして、Grabに登録しておく必要があります。Uberアプリとは違い、日本語対応ができていないため英語での登録になりますが、登録自体は簡単なので東南アジアへの旅行の予定がある方は、旅行前にアプリをインストールしておくと便利です。




Grabを利用する前に知っておきたいこと

安心、安全なドライバー

ドライバーと乗客を直接結びつけるというサービスの「Uber」とは違って、Grabはインターネットでの申し込みは受け付けず、タクシー運転手と直接面談を行い契約をしています。治安が決して良いとは言えない東南アジアにおいてはとても重要なことです。

 

 

現地でのインターネット接続がないと使えない

Grabのようなタクシー配車アプリは、当然ですがインターネット接続がなければ使うことができません。日本とは違い、東南アジアではデータSIMが格安で購入できます。SIMフリーのスマホを持っているなら現地でSIMカードを入手するか、日本でポケットWi-Fiをレンタルしておくことが前提となります。

 

 

クレジットカード払いが便利

事前登録しておけばクレジットカード払いができるので、現金を持っていなくてもタクシーに乗車することができます。例えば、帰国日は空港に行くための交通費を「大体これぐらいかなぁ?」と残しておく必要がありますが、Grabでクレジットカードを登録しておけば、現地通貨を使い切ってしまった場合でもキャッシュレスで空港までたどり着くことができます

クレジットカードを登録しても、支払方法は予約時に選択することができるので、現金払いも可能です。

 




Grabアプリの登録方法

Grabアプリをインストールします。

Grab Superapp
Grab Superapp
Developer:Grab Holdings
Price:Free
  • Grab Superapp Screenshot
  • Grab Superapp Screenshot
  • Grab Superapp Screenshot
  • Grab Superapp Screenshot
  • Grab Superapp Screenshot
  • Grab Superapp Screenshot

iPhoneの方はこちら

アカウントの作成方法ですが、FacebookアカウントとGoogleアカウントでも作成可能ですが、電話番号を入力し、認証コードをSMSで受け取り認証する必要があるので「Use Your Mobile Number(携帯電話番号)」でいいと思います。

次に携帯電話番号を入力します。現地でSIMカードを購入し、電話番号を入手した場合は滞在してる国を選択してください。携帯電話番号の入力は頭の「0」を抜いて入力します。(例:番号が090-1234-5678の場合⇒「9012345678」と入力)

入力が完了したら「Next」

”how may we address you?”は「なんて呼んだらいいですか?」なので、名前もしくはニックネームを入力します。”Enter Your Email Address”は連絡可能なメールアドレスを入力してください。海外でも見れるGoogleなどのフリーアドレスがいいと思います。

入力が完了したら「Next」

登録した携帯電話番号にSMSで認証コードが送られてきます。

送られてきた認証コードを入力すれば登録は完了です。

 

登録が完了すると、Grabから登録メールアドレス宛に確認メールが来ます。
Verify Email Addressはそのメールアドレスが有効で存在するアドレスかどうか確認することなので「Verify Email Address」で登録メールアドレスを有効であることを証明してください。メールアドレスの認証をしないとGrabpayなどの機能を使うことができません。

入力ミスなどで登録メールアドレスが有効じゃないと、需要な案内メールなどを受け取れないので必ず確認しましょう。




 

 

Grabアプリをつかうとき

乗車場所はGPSで現在地が選択され、近くにいるタクシーも表示されます。
※上記のスクリーンショットはバージョンアップ前の画面です。

現在地ではない場所で乗車する場合は”Select location from map (マップ上で選択する)”か”Enter pick up point(乗車場所を入力)”を選択してください。
降車場所も同様です。

乗車場所と降車場所の設定が完了すると支払い金額が表示されます。

 

ちなみに、車種を選択することもできます。国によって選択できる車種は異なりますが、トゥクトゥク等もGrabで利用可能です。

 

”Book(予約)”でオーダーが完了します。

 

ドライバーが見つかるとドライバーの現在置や名前、顔写真が表示され、連絡を取り合えるようになります。

現地語のメッセージの場合もありますが、簡単な英単語で自分の特徴など伝えれば大丈夫です。
※ドライバーとはテキストメッセージで連絡が取れるので、現在地の写真を送ったり、レストランなどにいる場合はレストラン名をテキスト送信すればドライバーとの待ち合わせがスムーズだと思います。

 

乗車場所と降車場所の設定しただけで料金が表示されるので、Grab Taxiを利用しなくてもタクシー料金の目安がわかるので、観光などの計画も立てやすくなります。




実際にGrabをカンボジアで使ってみた

カンボジアの首都、プノンペン国際空港からバックパッカー宿が多い格安宿街(セントラルマーケット近く)までGrabを使って移動してみました。

 

まずは空港で現地の通信SIMカードを入手

東南アジアでは、ほとんどの空港の到着出口付近でTraveler’s SIM(旅行者用のSIM)の購入が可能です。
※Traveler’s SIMはローカルSIMと比較すると割り高な料金設定(といっても微々たる金額)の場合がほとんどですが、日本からWi-Fiルーターをレンタルするよりは断然お得なので、SIMフリースマートフォンを使っている方は、サクッと空港でSIMカードを入手するのがおすすめ。

 

プノンペン国際空港はそんなに広くはありません。SIMカードカウンターは到着出口を出たら目の前にあります。

カンボジアの大手通信会社「Smart」のカウンターで6GB (1か月有効)のTraveler’s SIMを10$で入手。言語設定を英語に変更しておけば、店員さんが全部やってくれます。

 

空港出口の呼び込みタクシーは全力でスルー

空港出口にはタクシーの呼び込みがたくさんいて、料金も高いです。カンボジアでのGrabのカバーエリアは首都プノンペンとシャムリアップなので、現地での通信手段さえ入手すれば怖いものはありません。

 




 

プノンペン国際空港では空港出口で堂々とGrabが使える

国によっては空港へのタクシー配車アプリの乗り入れを禁止しているところもありますが、カンボジアは問題なく使えます。

 

空港で待機しているタクシーが提示する金額は頑張って交渉しても10$以上ですが、Grabを使えば24,100リエル(約6$)です。

ちなみに私はタクシーよりも割安なトゥクトゥクを利用しました。

 

3分も待機絶たないうちにドライバーからテキストメッセージが届き、予約完了から5分以内にはドライバーと合流することができました

ドライバーは英語が流暢なわけではありませんでしたが、シンプルな英単語は通じる模様。特になんの問題もなく目的地まで無事到着しました。

 

「How much???」と尋ねると、Grabアプリで表示されている金額を教えてくれるので、提示された金額を支払います。

 

たまに、チップを要求してくるドライバーがいるらしいですが、ドライバーの口コミ評価を下げる行為になるので遭遇する確率は少ないかと…。
10回程カンボジアでGrabアプリを使いましたが、アプリで表示された金額以上を要求してくるドライバーはいませんでした

 

 

乗車後に送られてきた領収証

乗車後、登録のe-mailアドレスに贈られてくるレシート

約10㎞の距離が、13,700リエル(約3.5ドル)、日本円だと400円以下です。安い…!!!

 

 

おわりに

アプリでの操作だけで目的地まで行くことができる便利なタクシー配車アプリ「Grab」。私の場合、東南アジアで流しのタクシーを利用することはほとんどありません。見知らぬ土地でもすぐに使うことができるので、東南アジア旅行を計画している方は旅行前に「Grab」アプリをインストールしておいてみてはいかがでしょうか。

 

こんな記事も人気です!

海外旅行に行く前に知っておきたい!
>>海外からVPN接続を利用してアクセス制限がある日本の動画をみる方法

あの人気旅行雑誌をスマホにダウンロード!
>>ガイドブック「るるぶ」がスマホでオフラインでも読める!ブック放題

ぼったくりを回避するコツを大公開してます!
>>海外旅行でぼったくり被害にあわないようにする交渉術