カンボジアのビザ取得は簡単です!陸路での国境超え

世界の人気観光地ランキングで常に上位を獲得するアンコールワット(Angkor Wat)。世界遺産アンコールワットがある国カンボジアは、短期間の観光の場合でも入国にはビザが必要です。

世界でいちばんビザ免除国が多い「ゴールドパスポート」を所持してる日本人は、ビザを申請する機会が少ないので、戸惑う方も多いと思いますが、申請自体は簡単にできます。以下で説明していきますが、ビザが必要=「入国にお金がかかる」くらいの認識で大丈夫です。




 

カンボジアの観光ビザについて

 

カンボジアの観光ビザ有効期間は30日間で、申請費用30ドルです。事前または到着時に取得することができます。観光ビザの延長はプラス30日のみ。45ドルで申請できます。

ちなみに、就労ビザや学生ビザで60日以上の長期滞在を計画されている方は、到着時に延長回数無制限のE-Classビザの取得が必要です。

 

事前申請(e-visa)について

カンボジアの観光ビザはオンラインで事前にe-visa申請が可能ですが申請料30ドルと手数料7ドル支払う必要があるのであまりおすすめしません。

 




 

 カンボジアへ陸路入国するなら

 

カンボジアへ陸路入国する場合、国境でアライバルビザを取得することができるんですが、選択肢が2つあり「自分でカウンターに行き申請する」or「ビザ申請代行にお願いする」かです。

 

陸路入国のほとんどの方が旅行代理店で手配したバスまたはバンで国境まで行くと思いますが、乗車時にビザの有無の確認とビザがない場合の申請料について説明があると思います。

この時に自力でビザを取得したい方はバス会社と交渉してください。旅行会社によっては「時間がかかるから置いていかれる」とか「自分ではできない」とか言われる可能性があります。この方法がいちばん安いですがハードルが高いです。

 

旅行代理店で手配したバスで申請を代行してもらうのが、いちばん簡単なビザの取得方法です。通常40ドル(ビザ申請料+手数料)で、パスポートサイズの写真は不要です。

ただ、申請をお願いするバス会社によっては高額なビザ代行申請料を請求される場合があるので注意してください。国境でぼったくられた!という人は、乗車したバスが悪徳ビザ代行業者に連れて行ってしまうので、逃げ道がなくなってお金を支払うしかなくなるのです。

 

高額なビザ代行料金を請求されないためにには、優良な旅行代理店を選ぶ必要があります。12 Go Asiaというバス予約サイトでは、カンボジアのビザ申請料が40ドルとあらかじめ決まっているのでぼったくられる心配がありません。

 

Powered by 12Go Asia system

 

 

ビザ申請用紙への記入は必要なんですが入国カードと同レベルの項目を英語で記入すればOKです。英語に自信がない方は辞書アプリをインストールしておくなど準備しておくといいかもしれません。

 

 

飛行機で入国するなら

 

飛行機でカンボジアに入国する場合は、到着時にアライバルビザを取得する方法がいちばん安くて簡単です。空港内は高額な代行料金を請求してくる現地のビザ代行サービスもいないので安心です。

 

ビザ申請時に必要なもの

□パスポート
6ヶ月間以上の残存期間が、1ページ以上の空白ページが必要

□パスポートサイズの写真
写真がない場合はパスポートの写真をスキャンして使用するため、2ドルの手数料を支払う必要があります。

□申請費用 30ドル

 

ビザ申請代行はカンボジア人にとって立派なビジネスです。高額ではない限り手数料を支払って申請してもらった方が簡単だし楽チンです。日本で代行申請してもらうともっと高額になりますよ。

観光目的なら色々な国へ自由に入国できる日本人にとってビザ申請に慣れていない事です。入国前はちゃんと取得できるのか不安に感じてしまいますが、ビザの申請自体は難しいものではありません。何も心配することなくカンボジアの旅を楽しんでください。

 



Booking.com