証明写真が200円!ピクチャンを使った自撮り写真で国際免許を発行してきた

パスポートを発行するときや資格試験の受講、履歴書に添付するときに必要なのが証明写真ですが、これが意外と高い。写真屋さんに行くと2000円くらい、駅やコンビニにある証明写真の機械を使っても1000円くらいかかります。「ピクチャン」を使えば、スマホで自撮りした写真をコンビニでプリントすることができるので、証明写真に必要なのはたった200円なんです。

今回は、コンビニ証明写真「ピクチャン」をで印刷した証明写真で国際免許を発行してきたので、自撮り証明写真の撮り方のコツや国際免許取得方法について紹介します。




ピクチャンを使うメリット

・とにかく安い
・WEBサイトがシンプルで操作が簡単
・証明写真のサイズが豊富
・自撮りの方がうまく撮れる

 

とにかく安い

ピクチャンは無料で使えます。証明写真作成にかかる金額はコンビニのマルチコピーで支払う200円のみです。

 

証明写真のサイズが豊富

証明写真といっても、添付や申請用写真には必ず指定サイズがあります。ピクチャンは豊富な証明写真サイズ2000のパターンに対応してるので、国際免許申請に必要な「タテ5cm×ヨコ4cm」みたいなマニアックなサイズにも対応しています。

 

WEBサイトがシンプルで操作が簡単

PCやスマホのブラウザから、作りたい証明写真のサイズを選択して、写真をアップするだけ。面倒なアプリのダウンロードや、会員登録の必要がないのもピクチャンを使うメリットです。

 

自撮りの方がうまく撮れる

写真屋さんで撮った証明写真は確かにキレイです。けど、証明写真の微妙な笑みの作り方は自分にしかわからないもの。ピクチャンを使えば何度でも撮り直しできるし、納得がいく表情の証明写真を作ることができます。

 

撮り方のコツ

背景

ピクチャンは写真をアップロードしたあと、顔の位置や大きさを調整することは可能ですが、背景は変更ができません。背景は白になるように白い壁の前で撮影するようにしましょう。見つからない場合は、真っ白なシーツなどを壁に貼り付けて代用することができます。

 

背景や顔の影

背景や顔に影がかかっていると証明写真として認められない場合があります。光の角度にもよりますが、写真を撮るときはなるべく壁から離れずに立って撮影すると背景に影が出来づらくなります。

 

部屋の照明

近年スマホのカメラの性能が上がっているので、そんなに失敗することはないと思いますが、室内だと顔に光があたらないときもあるので、部屋の照明をつけて、なるべく明るい部屋で撮影すると上手く撮れます。

 

表情

証明写真を撮る時の基本ですが、歯を見せて笑うのはNG。また、髪の毛が立ったり、眉毛にかからないように撮影します。可愛くみせようとして、上目遣いなどで撮影しないように気をつけてください。

 

ピクチャンの使い方

サイトにアクセスします。
>>コンビニ証明写真 ピクチャン[公式サイト]

 

①画面中部の「証明写真を作ろう!」で次画面へ。

②写真のサイズ、または、用途別で作成したい証明写真のサイズを選択します。利用規約を確認し「次へ」で次画面へ。

③「写真を選択」で証明写真にしたい画像を選択したらアップロードします。

④アップロードした写真のトリミングができます。黄緑の枠の大きさに合うように顔のサイズを調整したら「決定」

⑤印刷後の仕上がりイメージが表示されます。「決定」で次画面へ

⑥メールアドレスを入力し「決定」

⑦プリント予約番号が表示されます。登録したメールアドレスにも予約番号が送られてきます。

 

予約番号が発行されたらコンビニで印刷します。対応店舗は全国のセブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルK・サンクス約50,000店(一部店舗は除く)のマルチコピー機で

送られてきたメール本文にコンビニのマルチコピー機の使い方が記載されているので、スマホと200円を持ってコンビニへ行けば証明写真をプリントアウトすることができます。

 

注:パスポートや運転免許証の証明写真の規定は割と厳しいので、画像のトリミングや写真の出来上がり次第では使えない場合もあります。

 

国際免許取得の流れ

国際免許証の申請用写真の指定サイズは「タテ5cm×ヨコ4cm」です。ピクチャンで写真を作成したら、国際免許の申請しに行きます。

国際免許(国外運転免許証)は、お住まいの都道府県の運転免許試験場、運転免許センター、指定警察署で申請することができます

 

国際免許取得に関する注意点や海外での運転に関してはこちらでまとめてるので参考にしてください。

>>国際免許の落し穴!? 東南アジアでバイクレンタルするときの注意点

 

 

国際免許の申請に必要な持ち物

□ 運転免許証
□ パスポート(または渡航を証明するもの)
□ 申請用証明写真(タテ5cm×ヨコ4cm)
□ 申請料(2350円※東京都の場合)
□ 古い国外運転免許証(申請したことがある方)

 

過去に国外運転免許証を発行したことがある方は返納を求められるので、古い国外運転免許証も持っていきましょう。

 

受付で国際免許の申請書がもらえると思うので、申請書に氏名、住所、電話番号、渡航先や渡航期間、パスポートNO、有効な運転免許証の種類などを記入します。

国外運転免許証の発行窓口で申請します。このときに写真も提出するんですが、大きさが規定サイズとは異なる写真では受付してもらえません

 

別の窓口で申請料を支払うように促されます。支払いが完了したことを証明する用紙を持って、再び国外運転免許証の発行窓口へ戻ると既に国外運転免許証が発行されていました。所要時間はわずか10分程度でした。

 

有効な運転免許を所持している方なら誰でも申請できるし、即日発行してもらえるので、海外で運転する可能性がある方は取得しておくのもいいと思います。




まとめ

国際免許申請用のサイズはスピード写真などでも取り扱いが少ないため、ピクチャンで自撮りし、コンビニでプリントした証明写真を持っていきましたが、なんの問題もなく国際免許を発行してもらえました。

たった200円で、24時間365日いつでも証明写真が作れるので、急遽証明写真が必要な方は、安くて便利なピクチャンを利用してみてください。

>>コンビニ証明写真 ピクチャン[公式サイト]

 

こんな記事もおすすめ!

>>失効になる可能性も!?長期旅行前に運転免許の更新日の確認を

>>予算7万円!1週間で巡る 東南アジア周遊の旅 おすすめルート

>>ガイドブック「るるぶ」がスマホでオフラインでも読める!ブック放題